インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

歯科インプラントは、歯を失ってしまったときの治療として普及しています。
入れ歯も同様に歯を失ってしまったときに行う治療の一つですが、歯茎の上にプラスチック樹脂をのせているだけなので、噛みにくく、あたってしまうと痛いという面があります。
インプラントは、骨にチタンを埋め込むことで、外れる心配もなく、自然な噛み心地を得られるのが人気です。

しかし、チタンを骨に埋め込む際には手術が必要です。
安全に手術を行うために、事前の問診や検査によって、治療を希望してもインプラントができない患者さんもいます。

例えば、金属アレルギーがある患者さんは、埋め込むチタンや、骨を削るための器具にアレルギー反応が起きてしまうことがあります。
チタンは金属アレルギーを起こしにくい金属ですが、まったく起こらないというわけではありません。
安全のために、金属アレルギーの患者さんは治療を受けることができません。

また、糖尿病の患者さんもインプラントができないことがあります。
きちんとしたコントロールがされていれば問題はありませんが、糖尿病は免疫力を低下させ、チタンの入る骨を吸収させてしまうことがあります。
安全面から、コントロールがされていない糖尿病の患者さんにはインプラント治療は行われません。

急性肝炎肝硬変などの肝疾患をお持ちの患者さんも手術ができません。
肝疾患も免疫力を低下させてしまう病気ですが、血液を凝固させる機能も弱まっています。
手術の際に出血が止まらない可能性もあり、安全面を考えるとインプラントは適応されません。
腎疾患の場合も同様で、特に血液の透析を受けている患者さんは他の臓器のトラブルを起こしやすいです。

そして、がんなどの放射線治療を受けた後の患者さんも注意が必要です。
放射線治療を受けると、唾液が減ります。
唾液が減ることで、虫歯や歯周病が起こりやすくなってしまい、インプラントに適したお口の状態ではなくなるということです。

インプラント治療をしたいけれども、治療を断られてしまったという人は意外と多いです。
治療できないことにショックを感じる人もいるでしょうが、安全に治療を行う上での決断です。
出血が止まらない、骨や臓器にトラブルが出てしまうというのは、体にも悪い影響を与えてしまいます。
患者さんの安全を第一に考えると、インプラントをしないという決断も歯科の世界では必要になります。
噛む機能の回復も必要ですが、患者さんのことを考えた結果です。

インプラント手術を安全に受けられられる歯科医院情報

埼玉県にある歯科医院では患者の意図を汲み取ったインプラント手術を受けることができます。
八潮市でインプラント手術すると失敗なく安全に治療できます。
公共交通機関が整っているので東京だけでなく、隣接する各県からの通院も可能です。
インプラント手術が心配な方は相談だけでも受けてみることをおすすめします。

妊娠中はインプラント手術を控えたほうが良い

妊娠妊娠は病気ではありませんが、妊娠中はインプラント手術を控えた方がいいです。
その理由は、インプラントの治療をするにあたり、骨や残っている歯を確認するためにレントゲンを撮影します。
顔だけのレントゲンなので、おなかを写すことはありませんが、安全上妊娠中の女性へのレントゲン撮影は行われません。

また、妊娠して大きくなったおなかの状態で、長時間診療台に横になっていると、血管が圧迫されてしまい、気分が悪くなってしまいます。
おなかが目立たない初期にも、口を開け続ける必要があるので、つわりの症状などがひどくなってしまう可能性も高まります。

インプラントの手術中に出血が起きてしまうと、早産を誘発してしまうこともあります。
また、手術後には、腫れ止めや痛み止めなどのお薬が処方されます。
妊娠中はおなかの赤ちゃんへの影響や後遺症を考えて、基本的にお薬は飲まないようにした方がいいでしょう。

中には、妊娠に気付かないまま、インプラントの手術を受けてしまったということもあるでしょう。
その場合は、歯科医師とよく相談して、出産後に治療を再開するなどの処置を取りましょう。
インプラント治療は、手術が終わってから数カ月の間、骨とチタンが結合するのを待つ期間があります。
きちんと結合してから、人工歯を作るための治療に入ります。

この待っている間の期間に、歯茎が腫れてしまうなどのトラブルが起きないように、妊娠中はお口の中のクリーニングだけにしておいて、出産して落ち着いてから治療を再開するという方法もあります。
患者さん自身の安全はもちろんですが、おなかの赤ちゃんの安全も考え、後遺症などが起こらないように治療を進めて行くことが大切です。

インプラント治療が終わってから妊娠に気付いた場合は、これ以上手術などの処置はないので問題ありません。
けれども、妊娠中はホルモンの関係で、歯茎が腫れやすくなっています。
つわりで歯が磨けなくなってしまうこともあります。
歯科医院に行って、日頃自分では磨けない部位をきれいにしてもらうなどのケアを受けると安心です。

妊娠中や妊娠の可能性がある場合は、歯科医師に相談することが大切です。
妊娠中は体調の変化が起こりやすい時期なので、無理な治療を行うことはありません。
安定期にクリーニングをするといった計画や、出産後に治療をするというのは、おなかの赤ちゃんのためにも重要な選択肢になります。
インプラントをするかしないかという点も相談しましょう。