インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

進化している入れ歯の最新技術!

入れ歯の模型

歯磨きの方法も時代とともに変化してきています。
「変化」というよりは「進化」のほうが相応しいかもしれませんが、昭和の昔とは「歯磨き」のやり方も変わっていています。
昔は虫歯を予防することだけに重点をおいていたように思いますが、近年は虫歯とともに歯周病の予防についても力を入れています。

また最近では口の中の細菌がほかの病気の原因になっていることも指摘されていますので歯の治療にはこれまで以上に関心が高まっています。
年齢を重ねますと多くの人が発症するのが歯が抜けることです。
これは先ほど紹介しました歯周病とも関係してきますが、歯周病によって歯茎が弱くなり歯を支えられなくなったことが原因です。

歯が抜けたときの治療法として昔からあるものとしては入れ歯ですが、最近はインプラントという治療法も知名度を上げてきています。
この両者の大きな違いは歯を支えている土台に関係があります。
入れ歯は歯の部分だけの治療法ですが、インプラントは歯の土台となる部分も治療することです。

インプラントのメリットは「自分の歯のようにして噛める」ことですが、デメリットは費用が高額であることです。
これらの特徴を考えあわせますと「入れ歯」を選択したくなりますが、いろいろな問題点があることがデメリットになっていました。
しかし、最新の「入れ歯」はとても進化していますので人によってはインプラントに負けないくらいの満足感を得ている人もいます。

多くの人が「入れ歯」に対して感じている問題点は「フィット感がなく、噛むたびに浮いたり外れたりする」とか「入れ歯が歯茎に当たり、痛い」、または「食べ物が入れ歯の中に入る」などです。
これらの悩みを抱えながら多くの人が「入れ歯」に我慢しています。

シンプルに言いますと、これらの問題点が生じるのはその原因となるものがありますのでそれらを取り除くことで満足できる入れ歯を作ることが可能です。
例えば素材の面でいいますとは「プラスチックという素材は年月が過ぎると変化する」ことがあります。

また、「入れ歯」を支えるバネがかかっている歯に強い負担がかかることによってその歯がグラグラになり抜けやすくなります。
そして、そのことによって歯茎が後退し、入れ歯がさらに合わない状態になります。

入れ歯がインプラントよりも選ばれる一番の理由は保険適用されることですが、その反面、こうした問題点がありました。
しかし、最新のものはこれらの問題点を改善できるようになっています。
例えば、見た目で言いますと金属のバネが見えるのを気にする人がいますが、バネを使わないものもできています。
また、素材にレジンなどを使うことで審美的にも進化しています。