インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

矯正歯科で汚い歯並びを治そう

歯は、顔の第一印象としてとても重要な一部です。
歯並びがよく白い歯ですと、好印象になりますし、モデルさんや芸能人の方はみなさん治しています。
また、アメリカなどでは歯並びはとても重要視されていて、社会的なところでもたとえば歯並びが悪い事で就職しづらかったり、育ってきた環境がわるかったと思われてしまうこともあります。
日本はまだまだそこまではいっていませんが、すきっ歯、出っ歯、八重歯ですと、そこにどうしても目がいってしまいますし、視線を感じてしまうというのが悩みであったりコンプレックスとなってしまうこともあります。

矯正歯科では、子供の時から顎を広げるマウスピースをつかったり、また早い段階で進めていけば、抜歯をすることなく見た目をよくしていくこともできますので、お子さんの歯並びがすきっ歯、出っ歯、八重歯で気になるという場合は、小児矯正歯科で相談することもおすすめします。
子供の時から始めることで、料金なども違ってきますし、期間としても大人になってからはじめるよりも短く済むこともあります。

大人になってから見た目が悪いと気になって、ご自身で矯正歯科を受診される方も今とても多いです。
歯並びを改善することで、印象は確実によくなりますし、矯正歯科での施術を受けて、自分に自信が持てるようになったという方も多いです。

また、年齢とともにブラックトライアングルの悩みが出てきてしまうことがあります。
ブラックトライアングルとは、歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉)が退縮し、黒い三角形の隙間が見えてしまうことですが、矯正を行った際にできてしまう場合があります。
臨機応変に治療をしていくことが大事で、様子をみていて治ってきたというケースもあります。
また、矯正経過途中で治療を加えていくことでブラックトライアングルも改善できる方法もありますので、専門医に相談してみましょう。
治療を受ける前に知っておくべき事の一つでもあります。

八重歯に関しては、日本では可愛らしいという印象もまだ持たれることもありますが、海外、特に欧米ではタブーです。
吸血鬼的なイメージをもたれてしまいますし、アメリカでは矯正が行われることがとても多いです。
これから外国の方と接することがあったり、将来的な事を考えて、綺麗な歯にするメリットはたくさんあります。
笑顔に自信が持てるようになるというメリットもありますし、歯並びが良い事で人生が変わるかもしれません。