インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

成人病とも言われる歯周病の放置が危険な理由とは

歯周病は糖尿病や動脈硬化、メタボリックシンドローム等と並び生活習慣病ともいわれており、60代の人の約9割が罹患しているという現状があります。
人が歯を失う原因の最も多いのがこの歯周病なのです。

口腔内には実に500種類以上の細菌が棲みついており、その内の約20種類が歯周病に関係していると言われています。
その細菌が歯の間の食物残渣を餌にして増殖しプラーク(歯垢)となり、歯に付着します。
徐々に歯茎を傷め歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれるポケットを形成し増殖、深部まで入り込み、結果歯槽骨を溶かしてしまうことになるのです。
つまり歯を支えている歯肉に炎症がおき、放置しておくと歯肉組織が傷み、歯を支える力が弱まり、歯がぐらついてきます。
これは歯肉自体が傷むことと、歯槽骨の骨吸収が起こることによります。
初期症状としては歯肉に軽度の炎症が生じてきます。
健康な歯茎の色は薄いピンク色をしていますが、炎症をおこすと赤みの強い場所が出現してきます。
この時点で歯科受診をしてプロのケアを受け、専門家に指導を受けて正しいブラッシングの方法を身につけ実践すれば歯周病の改善は可能となります。

生活習慣病の名の表すとおり年齢を重ねるごとに罹患者は増加していきますが、最近では小・中学校の歯科検診でも指摘を受ける児童が増加してきています。
この時期に正しい知識と正しいブラッシングの方法を身につけることは大切で、将来歯周病の重症化で歯を失うことを防ぐ第一歩となるでしょう。

お口の健康は全身の健康という意識が近年根付いてきており、口腔の健康に関心を持つ人が増えてきています。
歯周病は心臓、循環器疾患、糖尿病などにも大きくかかわってきます。
歯周病が重症化すると、その細菌が毛細血管を通して全身の血液中に廻り死に直結する可能性のある脳卒中や心筋梗塞のリスクを倍以上に上げています。
また早産の可能性に至ってはそのリスクを4から7倍にもあげています。
また忘れてはならないことは喫煙に関することです。
喫煙は歯周病になりやすい口腔の環境をつくり、また治りにくい状況を作ってしまいます。

歯周病の直接原因はプラーク(歯垢)ですがその他に環境因子も大きくかかわっています。
特定の遺伝子疾患、糖尿病、ストレス、食生活、喫煙などがそれにあたります。

歯周病は早期治療が大切であることは言うまでもありません。
その為には歯が生え始める時期からかかりつけの歯医者さんを持つことが理想的です。
普段から歯科で定期健診をうける習慣のあるのが理想ですが、妊娠したらお母さんは早めに歯科受診しましょう。
自分自身の歯の健康とあかちゃんに与える影響をここで確認できることになります。
各年代において歯にとって必要な処置やケアも異なってくるので定期的に受診することでリスクを排除していくことが重要であり、歯周病の早期発見、早期治療が肝要です。

Recommend
No articles