インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

審美歯科でできるPMTCって何?

日頃から歯の健康に気を使い、定期的に歯医者さんに通って虫歯がないか検診してもらったり歯石除去などをしてもらっている方も多いでしょう。
単なるクリーニングだと保険扱いになるのですが、それよりももっと徹底的にクリーニングしてもらいたいというなら保険適用外のPMTCというのを受けてみませんか。

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略。
専用の器具を使った歯の清掃のことです。
審美歯科にて行えます。

審美歯科というとオフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどのホワイトニングを行っている方もいるでしょうが、その両方を行うデュアルホワイトニングにしてもどちらか一方にしてもその費用は1万円・2万円台から高いと5万円ほどまでです。
しかもオフィスホワイトニングの場合はたった1回の施術では漂白剤の効果はわずかです。
そのため2回3回と繰り返さなければならず、結局ホワイトニング費用として10万円以上かかることも。
漂白剤により痛みや知覚過敏のような沁みを感じることだってないとは言い切れません。

一方のPMTCは、審美歯科で行うにしても一般的には5000円から20000円程度。
スケーラーによって歯石除去をしたり、ラバーチップやブラシ・カップといった清掃器具により歯の表面を清掃・研磨するのです。
普段の歯磨きではできないような歯周ポケットの中の洗浄までできます。
虫歯予防のためフッ化物を塗布してくれます。
痛みもなく施術の最中に眠ってしまう方もいるようです。
施術後はお口の中がさっぱりして気持ちよく、ホワイトニングしなくても十分に自然な白さがよみがえってくるのです。

保険適用内で行われるのはせいぜい歯石除去施術程度です。
あくまで歯科治療の一環として行われるのにすぎません。
徹底的にきれいにしたいならやはりPMTCなのです。
歯周病が心配だという方も、食事やタバコによって付いてしまった色素を除去したいという方もご満足いただけるでしょう。

5000円から20000円とお値段に開きがあるのは歯科医が自由に金額を設定できるからです。
それに、同じPMTCとは言ってもどういったことを行うかははっきりとした定義がありません。
歯石除去・清掃研磨・歯周ポケットの洗浄・フッ化物塗布というのはあくまで最もシンプルなスタイル、更に丁寧にさまざまな工程を経て徹底的にきれいにしてくれるところもたくさんあります。
とはいえ、手順が細かければ細かいほど時間もお金もかかりますから、あとは自身で考えてよいところを探すようにしてください。