インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

外国人と日本人の歯並びに対する美意識には差がある

外国人と日本人の歯並びに対する美意識にはかなり差があります。
一番有名なのは八重歯に対する認識です。
日本人の場合、特に女性が笑ったときに見せる八重歯はかわいいとチャームポイントのように扱われます。
ところが外国人にしてみればドラキュラのイメージなのだそうです。
そのため、なぜ小さいうちにきちんとしておかなかったのかということになり、社会人になってからは、ビジネスマンとしての意識が低いとみられてしまいます。
マイナスイメージのことをそのまま放っておいたという印象になってしまうのです。

出っ歯にも同じようなことが言えます。
出っ歯を売りにしているお笑い芸人がいたり、漫画の中に印象深いキャラクターとして登場したりと日本人は出っ歯を愛嬌の一つのように受け止めます。
外国人にとっては、八重歯と同じようになぜ、矯正しなかったのかと思われるようです。
歯並びの悪さを露呈しており、印象の良くないものになります。

つまり、外国人にとって、歯並びはかなり重要視する点で、きちんとしておくことがステータスなのです。
歯並びがきちんとなっていないと低級、頭が悪いと思われるのです。
感覚的に日本人とかなりの差があるのです。
ビジネスの場での出世、恋愛と様々なことに影響が出ます。
服装よりも歯並びの方に清潔感があるかどうかが重要視されると言われています。
常識の一つなのです。

近年、日本でも予防歯科の観点から歯並びを重要視するようになりました。
歯並びがきちんとしていると歯磨きがしやすく、結果的に歯の健康につながるからです。
また、口腔衛生が全身疾患とも関連があるといわれており、ひと昔前と比べると矯正への意識が高まっています。
噛み合わせが悪いと全身バランスにも影響を与え、肩こり、腰痛にも影響します。
歯並びの悪さが見た目だけの問題ではないことに気づき始めたからです。

最近では、グローバル化が進み、外国人と仕事をする機会も多くなっています。
実際は実力があっても見た目の歯並びだけで軽んじられてしまうのは心外です。
矯正は子どものうちでないとできないように思われがちですが、大人になってからでもできます。
矯正器具が目立たないタイプの矯正法も出てきています。
特に外国人と仕事をする機会の多い人で、歯並びの良くない方は今からでも遅くはありません。
矯正をすべきです。

歯並びは単に文化の違いだけでなく、健康面にも影響するものです。
もっと意識を向けてもいいかもしれません。