インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

オールオン4って何?インプラントと何が違うの?

インプラントのレントゲン写真

オールオン4とはインプラント治療の新しい形です。
残存歯の少ない場合や総義歯の人に対応する方法です。
一般的なインプラント治療は1本のインプラントに対して一つの人工歯を装着するものです。
総義歯の場合は片顎に10本程度のインプラントを埋め込み義歯を支えていました。
オールオン4はその片顎の義歯を4本のインプラントで支えるという技法です。

多くの歯を失った場合は総入れ歯を使用する人が多いでしょうが、これは発音がしにくかったり、硬い食べ物が食べられなかったり、違和感があったりと使いづらさは避けることができません。
しかし、この方法でしっかりと義歯を固定すればそのようなことから解放されます。

オールオンの実際の治療ですが、残存歯が少ない場合は抜歯してから行います。
口腔内を清潔にする方法は他のインプラント治療と同じです。
実際には噛むときの力を均等にかかるように計算し斜めにインプラントを埋め込みます。
このことにより4本のインプラントで片顎の義歯を支えることが可能になるのです。
一般的な治療では骨量の少ない個所には骨移植をしてから行い、長い時間と費用がかかるのですが、この方法だと骨量の少ない場所を避けることができるので骨移植は必要ありません。

ほとんどの歯を失っている人の場合、原因が歯槽膿漏の人が多く、骨吸収が進んでいる場合が多いのですが、その影響を受けやすい奥歯の位置を避けて治療ができることもメリットです。
比較的骨吸収の起こりにくい前歯の位置を中心に使用します。

オールオン4のもう一つのメリットは費用をおさえることができるという事です。
インプラント治療は埋め込むインプラントの数によって決まりますが、以前の10本近くの埋め込みに対して4本ですむので費用は抑えることができます。

この治療で大切なことは治療後のケアです。
一般的な入れ歯の場合、外して洗うということができるのですが、インプラントの場合それはできません。
ゆえに定期的な歯科受診によって経過の観察とプロの手によるケアが大切です。
併せて指導を受けてのセルフケアも大変重要になってきます。
食後のブラッシングは的確におこなわなければなりません。
それを怠るとインプラント歯周炎を発症し、最悪の場合はせっかく治療した歯が抜け落ちるということになります。

機能しなくなった歯を抜歯をして、入れ歯を使用するようになりすっかり諦めていた硬い物も不自由なく食べることができるようになり、自分の歯と同様違和感なく噛めるようになります。
その機能は自分の歯がきちんと使用できていたころの約8割と言われています。