インプラント治療は入れ歯よりも人気が広まり、急速に普及してきていますが、手術できない場合があります。どういった場合にインプラント手術できないことがあるのかをご説明いたします。また他にも歯科情報を掲載していますのでご覧ください。

インビザラインで無痛歯列矯正を体験しよう!

歯列矯正は、歯並びの異常を治して見た目の美しさも追求する治療です。
その方法はいろいろあります。
よく知られているのはブラケットとワイヤーを使った治療ですが、最先端のインビザライン治療の人気が上昇中です。

インビザライン治療では、マウスピースの形をした矯正装置を使います。
マウスピースは透明の樹脂でできていて、付けた時の見た目が他人から歯列矯正の治療中であることが知られにくいのが特徴です。
歯列矯正を受ける方の多くは、見た目をきれいにしたいという理由をあげます。
歯並びを治したいけれど矯正治療中に歯に装着される装置が目立つことに抵抗があるという方も多く、そんな治療中の見た目を気にする方にもインビザラインが人気です。

最先端のインビザライン治療には、治療中の見た目が目立たないということの他に金属でできたワイヤーなどを使わないので金属アレルギーの心配がないというメリットもあります。
金属アレルギーがあるためにこれまでのワイヤーを使った歯列矯正治療を諦めていた方も、最先端のインビザライン治療なら安心です。

インビザライン治療で使うマウスピース型の矯正装置は、患者さんの歯型を元にして医師が設計します。
マウスピースを装着して力を掛けることで歯を少しずつ動かすのが、インビザライン治療の仕組みです。
マウスピースは複数作られて、治療のプロセスごとにいくつかを付け替えていきます。
ひとつのマウスピースを使って動かす歯の移動距離について上限が決められているので、歯に強い力が掛かり過ぎずワイヤーを使った治療に比べると痛みが少ないのもインビザライン治療の特徴のひとつです。

痛みが少なく治療中の見た目も目立ちにくいインビザライン治療のマウスピースは、患者さん自身で簡単に取り外しができます。
元々目立ちにくい矯正装置ですが、他人と会うなど特別な時には取り外しでき安心です。
食事の時も、装置を取り外して普段と同じように食べることが楽しめます。

歯列矯正の治療中は、装置の装着により歯磨きがしにくくなってしまうのが一般的です。
その点、インビザライン治療なら取り外して食事をした後には歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを使っていつも通りのお掃除ができます。
セルフケアの歯磨きがしにくくなることがないので、歯列矯正の治療期間中にクリーニングのために受診する頻度が少なくてすむのもインビザライン治療のメリットです。
マウスピースそのものも、取り外してブラシなどで直接洗浄ができるので衛生的に使えます。